借金返済したいけど、もう無理か

借金返済だけで一苦労、なんとか借金地獄から脱出したい

借金

お金を借りる。
事業資金とか前向きな借金は必要なときもある。
問題なのは遊びとか無駄な買い物とか、そういう借金。
生活費を借金とかになると、もう大問題。
でもどうしても必要なときはありますけどね。


借金返済

「借金なんてしないほうがいい」それは当然、わかっています。
でも、どうしようもないって事もありますよね。
ギャンブルで借金するわけじゃありません。生活するのに、お金が足りません。
こっち方がヤバイらしいですけどね。
借金の返済どころか、毎月の生活費すら収入でまかなえない。
借金を抱えていても、親がお金持ちとか、最終的に逃げ道のある人もいるでしょうが・・・
借金地獄・債務整理・任意整理・個人再生・自己破産・過払い金など
借金返済

滞納と債務整理

借金が返せなくなる、滞納が続いている。つらいです。
他の事をしていても、眠っていても、気になって仕方がないですね。
ローンの滞納や債務整理など、わからない事が多いですね・・・。
滞納すると?・税金の滞納・債務整理の弁護士費用・任意整理と特定調停の違い・個人再生はアルバイトでも可能?・自己破産の免責不許可事由・個人再生後の自己破産など
滞納と債務整理

借金返済体験談

借金総額190万円、任意整理後返済中です。
過払い金でプラスになったよ!
借金を完済するだけで、まさかこれほど違うとは
借金地獄から脱出したい
家族に借金を打ち明ける
金・プラチナ買取とか
借金返済体験談

貸付審査

キャッシングやクレジットカード、カードローンの申込みには審査があります。
借金をするわけですから、ある程度の審査は仕方がないことです。
銀行系のカードローンは金利も低いものが多いですが、やはり審査は厳しいのでしょうか。
借入の申込書の記入項目から審査について考えてみましょう。
ただ債務整理を考えるレベルの借金がある人はなかなか厳しいですね・・・。
年収・職業・住居と家族・在籍確認・信用情報など
貸付審査


総量規制の対象外

改正貸金業法のなかでも、総量規制はやっかいですね。
原則、年収の3分の1までしか借りられないということです。
自転車操業でしのいできた多重債務者のダメージは計り知れません。
趣旨は理解できないでもないですが、もう少し逃げ道を残しておいて欲しいものです・・・。
おまとめローンで楽になる?・個人事業主は総量規制の対象外?・銀行カードローンと総量規制など
総量規制の対象外

公的援助

知り合いに迷惑も掛けたくないし、これ以上は利息の高い借金は増やしたくない。
生活保護や総合支援資金貸付など、制度を知っていると助かるかもしれません。
知っているか、知らないか、それだけで損をすることもあります。
生活保護が最低賃金を上回っていたりします。
低金利で借りられる総合支援資金貸付はなかなか審査が厳しいともいわれます。
生活保護・総合支援資金貸付・法テラスなど
公的援助

すぐにお金が必要

今日、明日、すぐにお金が必要ってこと、貧乏借金生活には多いです。
でも、借金が多すぎたり、滞納していたりすると借りることすらできません。
そういう場合でも、なんとかする方法はないのでしょうか?
質屋って入りにくいし、宝くじは当たらない、ネット転売などは難しそう・・・。
質屋の利息・金プラチナ買取・宝くじの当選確率・転売など
すぐにお金が必要

借金生活の雑記

借金無くなれ~
借金地獄から、いつかは抜け出せると思っていましたが、抜けられないどころか、借金残額が増えるいっぽうです。
なんとかしないとなあ・・・。
といっても、借金生活が続くと、他のことがなかなか考えられない、仕事にも身が入らない、などの悪循環に入ってしまいます。
遅れ始めると全てが連鎖的に遅れるので、借金スパイラルから抜け出す糸口を見つけないといけません。
借金生活中に記した雑記を少しだけ・・・。
クレジットカードの無い生活・債務整理を始める・督促状・確認の電話・引き落としに間に合わずなど
借金生活の雑記

借金貧乏まとめ

借金があったりで、貧乏な人はどんな生活をしているのかな?
借金貧乏生活をみると自分もいろいろ反省させられる。
借金貧乏の生活まとめを見てみましょう。
貧乏だから食費を節約・家族がいるのに借金貧乏・貧乏人の貧乏生活・自炊で食費を節約など
借金貧乏のまとめ


借金と滞納

借金で首が回らなくなると、あらゆる方面で滞納が増えてきます。
わかりやすいものではクレジットカードですが、これは借金そのものなので当たり前ですね。
クレジットカードは1回ぐらいではブラックにもなりません。
ハガキなどで支払の督促がきますが、これを収めてしまえば一応おさまります。
ただ数か月間は使えなくなるかもしれませんが。
数か月続くとカードは止められ返却を求められます。
カード会社によって違う面もありますが、一番多いのは残りの借金の返済の相談に入ります。
今後の利息はストップした上で、月々数千円の無理のない分割返済を提示されることが多いです。

督促や電話等の連絡を全く無視していると、裁判所から通知が来ることもあります。
裁判に行かないと、あちらの主張を認めたことになりますが、そもそも反論の余地は無いので借金の残債が確定します。
裁判所からの通知には異議を申し立てる書類が入っていますが、異議は書きようがありません。
ただ、今後の返済の意思を見せ、月々5千円なら払えます、など記入しておくとカード会社との間で和解となることが多いです。
裁判所で判決が出ると、手続きを踏めば差し押さえが可能になりますが、そもそも差し押さえられる資産があるようなら、借金まみれにならないかと思うので、カード会社も回収のしようがないといった感じにはなります。
借金にも時効がありますので、カード会社としては、これを止める目的が強いともいえます。

また債権回収会社(サービサー)に債権が譲渡されることも多いです。
この場合、債権回収会社から度々督促が届くようになります。
債権回収会社は回収の見込みの少ない債権を安値で買っているわけですが、債権の回収が商売ですので、しつこくは無いですが、あきらめる事も少ないようです。
放っておいても、数年経っても、いまだに時折通知が来ます。


収入が少なくなり借金をするようになると、いろいろなものを滞納してしまいます。
私も借金滞納経験者ですが、ありとあらゆる支払の滞納や未納経験があります。
もっとすごい人もいるかもしれませんが、かなりのレベルだと思います。

クレジットカードや住宅ローンはもちろんのこと、電気代、水道代、ガス代、携帯電話代、ネット代、健康保険料、年金、各種税金、交通違反の罰金から学校諸費に至るまで、それもかなりのギリギリまで滞納しているので、滞納を続けているとどうなるか?を、各段階で説明することができます。
自慢するようなことではありませんが・・・。
このあたりを、まとめたものを書いていこうとも思っていますが、つらい思い出ばかりでなかなかまとめるのに苦労します。

ただ、言えるのは借金などしないほうがいい、ということです。
そんなことは言われなくてもわかっている!と思うでしょう。
でも、もっと早い段階で何か出来たのではないか?とも思わないでしょうか?
追い詰められて、どうしようも無くなってから、バタバタと慌てだす。
そして知人から借金をして埋め合わせをして、しばらくホッとする。
そうこうしているうちに、また同じ状況なんて人、借金で追い詰められる人に結構多いんですよね。