職業

ホーム

職業

借入の申込書には職業や雇用形態を記入するところがあります。

職業で信用度が違ってきます。

ここで大事なのは「安定度」です。

当然、大きい会社の正社員は信用度が高くなります。
月々、安定した給料が見込めるからです。
役員クラスならさらに良いでしょうが、住宅ローンならあるでしょうけど、そもそもキャッシングなどあまりしないでしょう。

そこそこ儲けていても、自営業の人は正社員に比べて「安定度」は低く見られます。

専業主婦の方は無収入にも思えますが、専業主婦で生活できると言う事は、ご主人の収入が結構あるのではと思えます。
ご主人の収入などの証明書や同意を求められる事があります。

契約社員や派遣社員は、やはり安定度は低く見られます。
次いでアルバイトやパートの人、学生などというランク付けになるでしょう。


勤続年数が長い方が良いのは当然ですね。
コロコロと職場を変える人よりも「安定度」が高いという評価につながります。

大きい会社の正社員で勤続年数が長い、これが良いわけですが審査は総合的に見ますので、限度額は違ってくるかもしれませんが、あきらめる必要はありません。

あと申込みの書類に資格業の区分がある場合があります。
資格業といえば弁護士、税理士などの、いわゆる士業の方です。
こういう職業の方は、万一、自己破産などしてしまっては資格での仕事ができなくなってしまいます。
一般の自営業よりは評価が高くなるようです。

 ⇒住居と家族
 ⇒借入審査トップ




▲ ページトップに戻る