在籍確認

ホーム

在籍確認

在籍確認の電話。
これは結構、嫌なものです。

当然「○○クレジットですが」などとは言いません。
本人にかわるまでは個人名で掛けてきてくれます。

しかし、業種や職場によっては個人名で個人あてに電話が掛かってくる事自体が珍しいという会社もあります。
詳しい人なら「借金だな」と感づいてしまうでしょう。
まあ、いちいち言わないでしょうが、心の中でそう思っています。

本人が不在の場合でも働いているという事がわかればOKという場合もあります。
現在はインターネットでの申し込みや郵送で申込みがあります。
以前は、窓口で申込みをした場合、目の前で会社に電話をされたり、自営業なら取引先に電話をされたりしたものです。

小さな自営業なら取引先でも、こちらの従業員は知っていたりします。
知らない女性の声で電話をされては困りものです。

無人契約機でも同じようなことがありましたが、最近では取引先との請求書や領収書などの資料があればOKのようです。

無人契約機と言っても、向こうからはカメラで見られていて話は人間相手です。
ATMのような機械でピッポッパではないんですよね。

余談ですが、約10年前に無人契約機で申込みをした際、家業を手伝っていた私は、取引先の電話番号を聞かれ電話すると言われたので、断って手続きを途中でやめた事があります。
10年後、同じ金融会社で借入の申込みをインターネットでした際、すでに違う仕事をしていた私に、本人確認の電話で相手は「家の仕事を手伝われているという事で・・・」と話し始めました。
「いえいえ違いますよ」と言って話をすすめ、無事、借入はできました。
10年前、それも途中で手続きをやめたのに資料が残っているのは、ちょっと怖いですよね。

 ⇒信用情報
 ⇒借入審査トップ




▲ ページトップに戻る