考えすぎて、先延ばし

借金

考えすぎて、先延ばしなる

2013/03/20

ちょっとした出来事があると、「どうしようか、どうしようか」と考え込んでしまう。

考え込んでいるうちに「こうなったら、どうしよう」「あーなったら、どうしよう」と悪い方の想像ばかりが頭をよぎる。
考えすぎる前に行動しなければ、ますます行動できなくなる。

最近、続けてクレジットカードの引き落としが遅れた。
現在、クレジットカード3枚中2枚は使用停止になっている。

どちらも当日に払えないことは前々から分かっていた。

そして、遅れたところでお金が入ってくる当ても無かった。

要するに人から借りて支払ったのだが、それしか方法が無いことは最初から分かっていたのだ。
しかし、人からお金を借りるのは、なかなか勇気がいる。
それが、親でも、兄弟でも、友人でも。

だから、躊躇している間に支払日になり払えず、カード会社から連絡があって、追い詰められてから借りに行った。

結局、人に借りるのなら、支払日前に借りておけば良かったのだ。
数日間、借りに行くのが早くなるだけで、カード会社にはキッチリ支払う事ができたはずだ。

それならカードを止められずに済むし、カード履歴にもキズがつかなくて良かったのに。

現在、カードの滞納は無い。
なのにカードは使えない。

決断力、行動力の無さが数日間躊躇させ、大きな違いとなっているのだ。

他にもオイラの生活の中には、先延ばしにする事によって生じた問題がたくさんある。
借金自体も先延ばしの象徴ともいえる。

問題を先延ばしにする事で、その事が頭に残っているため、現在集中すべきことに集中出来なかったり。

そういう今日の今現在も、明日の支払の事が解決していない。
これも何日も前から分かっていた事なのだ。

明日の支払、どうすればいいのやら・・・。




 ⇒借金生活から脱出し、人生やりなおす
 ⇒人生のリセットボタンがあれば
 ⇒借金トップページ



▲ ページトップに戻る