先延ばしにもウンザリ

借金

先延ばしにもウンザリ

2013/03/25

先週末に電力会社に電話をし、当てもないのに月曜に支払いますと言って電気供給の停止は免れた。
そして今日、数日で返すからと電気代分だけを知り合いに借りて支払った。

この「数日で返す」というのも、当てがあるわけではない。
しかし、数日中に確実にもっと大きな借金をする必要があるので、それから返そうと思っているのだ。

綱渡りすぎる。
自転車操業で回していたが、今はペダルも取れてしまった感じ。

もう、明日には大勝負をしなければいけない。
大きな借入を頼みに行かなければならない。

でも、おそらく明日は何も出来ないだろうと思う。
なぜかというと、27日当日支払でもギリギリ間に合うからだ。
明日も一日中悶々としているだろう。
そして、最後には「明日でも間に合う」と逃げの思考をし、今日は「もういいや」となる。
「もういいや」と思った瞬間から、なぜか急に楽な気持ちになるのだろう。
そして、27日に本当の地獄を見る。

これが、毎度のパターン。
逃げられる限界まで逃げる。
先延ばしの限界まで先延ばしをする。
そして「もう死んだほうがマシ」とか、おかしな思考をし始める。

わかっている。
わかっちゃいるけど、この繰り返し。

世の中には何千万、何億の借金があっても、いい暮らしをしている人もいる。
そういう人達は、そもそもの動かしている金額が大きい。

オイラなどは数百万の返す当てのない借金で頭を悩ませ、百円使うのにも躊躇する。
そして、十万単位の支払が来ただけで、もうお手上げ。

もともとがビビリなので、大きな勝負をすることもなく、少しずつ、ただただ借金が増えた。
欲しいものも我慢して、出来るだけお金を使わないようにしても、入ってくるお金が少ないのでジリ貧。
「金持ち」とは程遠い金銭感覚だ。

しかし、現状のままではこの思考から抜け出せない。
一度、リセットというか、プラスマイナスゼロの状態までもっていかないと違う思考になれそうもない。

とりあえず、今月を凌がないといけないな。




 ⇒借金生活から脱出し、人生やりなおす
 ⇒嫌な事でも普通は慣れてくる
 ⇒借金トップページ



▲ ページトップに戻る