カード 現金化

借金

現金化体験談(店舗型編)

現金化にはネットだけでやりとりできるタイプと、チケットやブランド物の買取を店舗でしているタイプがあります。

ネット型は商品を買ったことにする。
ほとんど価値のない商品に対してのキャッシュバックということにして換金されます。

店舗型は店の人と他店へ買い物に行き、指定された商品をクレジットカードで決済します。
その商品をそのまま買い取ってもらうというものです。
商品はチケットやブランド品など、買取店が高値で処分しやすいものになります。

これは形式上、
クレジットカードで買い物をした。→ 買取店に売りに行った。
という図式ですから、問題ないようにも思えます。
しかし換金目的の買い物はカード規約には違反しています。

こちらもネットで調べて都心の店に電話してみました。
ホームページでは80%〜95%の換金率となっています。

電話の対応はイマイチでしたが、
「80%は確実です。そこから手数料等を引くことはありません。」
とのことだったので、店に行って現金化してみました。
(本当に明日の引き落としに間に合わないので・・・)

AカードとBカードを合わせて30万円ほどの枠が残っています。
これをギリギリいっぱいまで使ったら、いくらになるか?を聞いてみました。

可能額ピッタリの商品はないのでと細かく計算してもらいました。

「ちょっとこのカードでは、換金率のいいものは難しいので・・・」
またBカード(家電量販店のカード)です。
結局75%程度の額を提示されました。

そして、結局連れて行かれたのは「駅」。
買わされたのは新幹線の回数券と乗車カードです。
な〜んだ、こりゃ?

これなら自分で買って、自分でチケットショップに売りに行った方が良くね?

チケットショップの買取額は90%を超えていると思いますよ。
オークションなら、もっと高く売れるでしょう。

今回はそのまま買い取ってもらって約75%の現金をもらいましたが、非常にむなしい、情けない気持ちになりますよ。
7万円以上の損をしていますからね。

店の人は使えるカードや、売れ筋のチケット、スムーズに買う方法を熟知していましたから勉強にはなりました。
結構しつこく話を聞いたので、次回からは自分でもいけそうです。
できれば現金化などしなくていいようにしたいですが・・・。

自分で現金化(転売編)



▲ ページトップに戻る