総量規制の対象外

借金

総量規制

改正貸金業法のなかでも、総量規制はやっかいですね。
みなさんご存知だと思いますが、原則、年収の3分の1までしか借りられないということです。
自転車操業でしのいできた多重債務者のダメージは計り知れません。
趣旨は理解できないでもないですが、もう少し逃げ道を残しておいて欲しいものです。

おまとめローンで楽になる?

おまとめローンと呼ばれるものがあります。
複数の借金を1つにまとめるわけですが、当然まとめただけでは借金は減りません。

しかし何社からも借りている場合、それぞれの請求額で毎月の支払が高額になり苦しんでいる人もたくさんいます。
請求を1社にまとめることができれば、月々の支払額を少なくする事にもつながります。

 おまとめローンで楽になる? を読む

個人事業主は総量規制の対象外?

改正貸金業法により、個人の借入は年収の3分の1までという総量規制ができました。
今まで借入枠があれば、返済してまた借りるということも可能だったわけですが、借入総額が年収の3分の1を超えている場合、「返済してしまうともう借りられない」という状態になります。
借りて返すができないという事は年収の3分の1になるまでは、ただただ返済し続けるという事になります。

 個人事業主は総量規制の対象外? を読む

銀行カードローンと総量規制

総量規制により消費者金融、クレジットカード、信販会社などからの借入は年収の3分の1までしか出来ません。
数社から借りている場合は全ての合計が3分の1を超えていてはもう借りられません。

しかし、住宅ローン、自動車ローン、銀行からの借入は対象外です。
銀行からの借入が対象外なので銀行カードローンは総量規制の対象外であることをアピールして広告されています。

 銀行カードローンと総量規制 を読む




▲ ページトップに戻る