債権者一覧表

借金

債権者一覧表というものがありますが

自己破産をする際に債権者一覧表を提出しなければいけません。

債権者名、住所、借入・借入年月日、原因・使途、最後の弁済日、残元金利息、などを債権者ごとに記入する必要があります。

債権者名はなんとかわかるかも知れませんが、あやしい金融業者では債権者住所が不明なんてこともありえます。
携帯番号など分かっている部分を書くか、債権調査の上申書に不明の旨を記載します。

借入年月日も明確には分からない場合があるかと思いますが、その場合は大体の日付が分かれば記入します。

原因や使途は大きな買い物の場合は明確にする必要がありますが、それ以外なら物品の購入などおおまかな表現で大丈夫でしょう。

最後の弁済日もある程度の特定が出来ればいいでしょう。

残債務は督促状などが置いてあれば、それを参考に書きましょう。



 ■個人再生をした後に自己破産は出来るのか?
 ■自己破産や個人再生の時、生命保険の契約者貸付が
 ■自己破産の免責不許可事由とは?
 ■自己破産で免責が出れば借金がゼロになるのか?
 ■弁護士などに自己破産を勧められるが・・・
 ■自己破産後の住宅ローンは可能か?
 ⇒滞納と債務整理トップ



▲ ページトップに戻る