借金返済したいけど、もう無理か

借金返済だけで一苦労、なんとか借金地獄から脱出したい

滞納と債務整理

自己破産や個人再生の時、生命保険の契約者貸付がある場合はどうなる?解約?

生命保険の契約者貸付がある場合はどうなる?

借金で自己破産や個人再生をしようという人で、子供の学資保険などに加入している人は契約者貸付と呼ばれるものを利用しているのではないでしょうか?
契約者貸付は解約返戻金の範囲内で貸付を行うもので、利息も2%~3%程度なので消費者金融やクレジットカードのキャッシングの前に利用していると思います。
この契約者貸付、貸付となっていますが実質借入ではありません。
あくまでも解約すれば戻ってくる額の範囲内での前借りのようなものです。
ですので、債権者一覧に保険会社を記載する必要もなく、差額を資産として計上することになります。


個人再生の場合はこの差額が大きいと返済額に影響する可能性もあります。
個人再生は借入総額の5分の1と資産の額のどちらか多い方を原則3年で支払うというものだからですが、この段階で契約者貸付枠が多く残っているという事も少ないはずですので通常は影響はありません。

自己破産の場合は20万円以下の資産は処分の対象外です。
この場合もギリギリまで契約者貸付を利用していて差額が20万円超のケースはあまりないでしょう。

問題はこれによって解約になるか?という部分ですが、これは保険会社の規約の問題となります。
解約返戻金と契約者貸付が相殺され、差額分を残して契約が継続する。というのが一般的ではないでしょうか?
法律的な事ではなく、規約の問題なので保険会社の規約を確認して下さい。

生命保険などは、知り合いの外交員に頼まれて契約したというケースが多いと思います。
破産や再生手続きが、その知り合いに知られてしまう可能性はあるかもしれませんね。

申立の直前に契約者貸付をして現金にしておき、差額を減らして資産を減らすという行為は取消されて資産として扱われてしまいます。




-滞納と債務整理

関連記事

債権者の異議

個人再生で債権者が異議を出してくる(同意しない)事があるか?

個人再生で債権者が異議があるか? 個人再生は債権額が大幅に減額され、3年~5年かけて支払っていくという制度です。 いろいろな条件がありますが、その中に再生計画案に対して、 債権者の半数以上の同意、また …

破産後のローン

自己破産後の住宅ローンは可能か?

自己破産後の住宅ローンは可能か? 自己破産をした人は住宅ローンは組めないのでしょうか? 結論から言うと免責後10年は難しいでしょう。 破産時に借入があり免責された銀行は10年経っても難しいでしょう。 …

カードの滞納

クレジットカードの滞納3ヶ月

クレジットカードの滞納3ヶ月 クレジットカードの支払いなど、延滞し始めると次々と滞納となっていきます。 対応は貸金業者によって様々ですが、3ヶ月目ぐらいをメドにカードの返却や強制退会させられます。 3 …

余力が必要

債務整理は余裕を持って始めるほうがいい

債務整理は余裕を持って始めるほうがいい 自己破産などの債務整理をするときは、当然ですが余裕が無いものです。 ギリギリまで頑張ってみたけれど八方塞りでどうしようもない。 それが普通なのですが。 でも債務 …

偏頗弁済

偏頗弁済(へんぱべんさい)って何ですか?

偏頗弁済(へんぱべんさい)って何ですか? 自己破産や個人再生は全ての債権者を対象に免責や減額をするのですが、手続き中に特定の債権者にだけ返済をしてはいけません。 これを偏頗弁済(へんぱべんさい)って言 …