借金返済したいけど、もう無理か

借金返済だけで一苦労、なんとか借金地獄から脱出したい

滞納と債務整理

過払い金請求は誰のため?

過払い金が無いと任意整理は意味が無い?

債務整理の話になると「お金が返ってきた」とか「借金が減額された」など聞きますよね。
過払い金というやつですが、以前の消費者金融は有名大手でも利息制限法を超える金利で貸し付けていました。
これは出資法という法律での上限29.2%というものがあったからです。
利息制限法では10万円未満の貸付で20%、100万円以上なら15%が上限です。
利息制限法と出資法の間がいわゆるグレーゾーン金利と呼ばれていたものですね。


結局このグレーゾーンはダメという事になり、利息制限法を超えて支払った利息は払い過ぎなので返してもらうという事です。
すでに返済した人でもグレーゾーンで返し続けていた人は過払い金請求ができます。

任意整理をして、引きなおしをして過払い金を差し引いた残額を無利息で返していくという手続きが流行?しましたね。
弁護士や司法書士もかなり広告を出していました。
成功報酬として過払い金から20%などをとっていたので、一番儲かったのは弁護士や司法書士でしょうね。
着手金なども支払って、藁にもすがる気持ちで依頼をしたら、過払い金があったのに報酬やらでマイナスになったという話はざらにありました。

ただ任意整理や過払い金請求を、素人が自分でやろうと思うと難しい。
これは業者との直接のやりとりです。貸金業者の方が知識も豊富ですからね。
第一、なんか怖いでしょ。よっぽど気が強くないと。
弁護士などに足元を見られる貧乏人となってしまうんですよね。

大手消費者金融でも過払い金で潰れてしまったり、銀行の傘下になりました。
大手ほど金利で大きく儲けていたのですから、過払い金も多いですからね。




-滞納と債務整理

関連記事

免責不許可事由

自己破産の免責不許可事由とは?(カード現金化、ギャンブルなど)

自己破産の免責不許可事由とは? ギャンブルや投資の失敗、現金化の為のカード使用などは、自己破産しようという人が心配している代表例でしょう。 少しでもあったら絶対ダメなのか?というと、意外にそうでもあり …

事業主の住宅

個人事業主の住宅ローン

個人事業主の住宅ローン 一般に自営業の人はサラリーマンに比べて住宅ローンの審査に通りにくいと言われています。 住宅ローンのような長期の貸付は所得の安定性が求められます。 現代ではサラリーマンだから安定 …

滞納中債務整理

滞納中でも債務整理はできますか?

滞納中でも債務整理はできますか? 当然、出来ます。 債務整理をしようという人は滞納状態になっているケースが多いです。 それが出来ないとなると、今の今までキッチリ返していた人が突如として自己破産するとい …

日常家事債務

日常家事債務とは

日常家事債務とは 債務整理をすると家族に迷惑が掛からないか? 妻や子供には迷惑を掛けたくない。 という思いは誰しも持っているのでは無いでしょうか? 妻に迷惑が掛かるとかではなく、妻に請求が行ったらバレ …

アルバイト可

個人再生はアルバイトでも可能です

個人再生はアルバイトでも可能です 個人再生には継続的または反復的に収入を得る見込みがあればできます。 これはアルバイトでも派遣でもOKです。 逆に配偶者に返済可能な収入があっても、本人が無職や専業主婦 …