過払い金請求

借金

過払い金請求は誰のため?

債務整理の話になると「お金が返ってきた」とか「借金が減額された」など聞きますよね。
過払い金というやつですが、以前の消費者金融は有名大手でも利息制限法を超える金利で貸し付けていました。
これは出資法という法律での上限29.2%というものがあったからです。
利息制限法では10万円未満の貸付で20%、100万円以上なら15%が上限です。
利息制限法と出資法の間がいわゆるグレーゾーン金利と呼ばれていたものですね。

結局このグレーゾーンはダメという事になり、利息制限法を超えて支払った利息は払い過ぎなので返してもらうという事です。
すでに返済した人でもグレーゾーンで返し続けていた人は過払い金請求ができます。

任意整理をして、引きなおしをして過払い金を差し引いた残額を無利息で返していくという手続きが流行?しましたね。
弁護士や司法書士もかなり広告を出していました。
成功報酬として過払い金から20%などをとっていたので、一番儲かったのは弁護士や司法書士でしょうね。
着手金なども支払って、藁にもすがる気持ちで依頼をしたら、過払い金があったのに報酬やらでマイナスになったという話はざらにありました。

ただ任意整理や過払い金請求を、素人が自分でやろうと思うと難しい。
これは業者との直接のやりとりです。貸金業者の方が知識も豊富ですからね。
第一、なんか怖いでしょ。よっぽど気が強くないと。
弁護士などに足元を見られる貧乏人となってしまうんですよね。

大手消費者金融でも過払い金で潰れてしまったり、銀行の傘下になりました。
大手ほど金利で大きく儲けていたのですから、過払い金も多いですからね。



 ■任意整理と特定調停の違い
 ■任意整理は自分で出来るのか?
 ■過払い金があるか自分で直接聞いてみた
 ■過払い金でプラスになったよ!
 ■消費者金融での過去の取引はありませんか?
 ⇒滞納と債務整理トップ



▲ ページトップに戻る