任意整理 特定調停

借金

任意整理と特定調停の違い

任意整理は債権者1つ1つに直接当たって、今後の支払い方法を交渉します。
基本的には将来利息を無しにして、元金を支払っていくという事になります。
これは任意に金融業者と和解交渉をするわけですから、素人が自分でするのはなかなか難しいようです。
自分でしてはいけないわけではないですが、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。
この際、過払い金などがあれば合わせて交渉しますので、過払い金がある場合は自分ではさらに困難です。

専門家に依頼すると依頼料がかかります。
そもそもお金がないのだから安く済ませたい。
こういう場合は特定調停というものがあります。

これは裁判所に自分で何度か行けるなら、債権者1社につき1000円程度で出来るようです。
直接ではなく調停委員を介して話し合いをします。
将来利息が無くなり元金を分割で支払っていきます。

じゃあ特定調停の方がいいじゃん?と思うかもしれませんが、特定調停の調停調書は債務名義となります。
債務名義を握られると、特定調停で決めた通りの返済をしないと、すぐにでも給料などの差押えが可能になります。
任意整理の場合は差押えをするには、面倒な手続きが必要なので差押えまではなかなかなりません。
特定調停で過払い金がある場合、過払金返還請求訴訟が別途必要です。

自己破産や個人再生では相手を選ぶことができず、債権者全員に免責を求める手続きになりますが、任意整理、特定調停は、どちらも相手を選んで交渉できますので、大事な債権者には迷惑をかけずにすることができます。



 ■滞納中でも債務整理はできますか?
 ■過払い金請求は誰のため?
 ■任意整理は自分で出来るのか?
 ■債務整理は連帯保証人に迷惑がかかる
 ■過払い金があるか自分で直接聞いてみた
 ⇒滞納と債務整理トップ



▲ ページトップに戻る