借金返済したいけど、もう無理か

借金返済だけで一苦労、なんとか借金地獄から脱出したい

滞納と債務整理

任意整理と特定調停の違い

任意整理と特定調停の違い

任意整理は債権者1つ1つに直接当たって、今後の支払い方法を交渉します。
基本的には将来利息を無しにして、元金を支払っていくという事になります。
これは任意に金融業者と和解交渉をするわけですから、素人が自分でするのはなかなか難しいようです。
自分でしてはいけないわけではないですが、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。
この際、過払い金などがあれば合わせて交渉しますので、過払い金がある場合は自分ではさらに困難です。


専門家に依頼すると依頼料がかかります。
そもそもお金がないのだから安く済ませたい。
こういう場合は特定調停というものがあります。

これは裁判所に自分で何度か行けるなら、債権者1社につき1000円程度で出来るようです。
直接ではなく調停委員を介して話し合いをします。
将来利息が無くなり元金を分割で支払っていきます。

じゃあ特定調停の方がいいじゃん?と思うかもしれませんが、特定調停の調停調書は債務名義となります。
債務名義を握られると、特定調停で決めた通りの返済をしないと、すぐにでも給料などの差押えが可能になります。
任意整理の場合は差押えをするには、面倒な手続きが必要なので差押えまではなかなかなりません。
特定調停で過払い金がある場合、過払金返還請求訴訟が別途必要です。

自己破産や個人再生では相手を選ぶことができず、債権者全員に免責を求める手続きになりますが、任意整理、特定調停は、どちらも相手を選んで交渉できますので、大事な債権者には迷惑をかけずにすることができます。




-滞納と債務整理

関連記事

免責不許可事由

自己破産の免責不許可事由とは?(カード現金化、ギャンブルなど)

自己破産の免責不許可事由とは? ギャンブルや投資の失敗、現金化の為のカード使用などは、自己破産しようという人が心配している代表例でしょう。 少しでもあったら絶対ダメなのか?というと、意外にそうでもあり …

誰が儲かる?

過払い金請求は誰のため?

過払い金が無いと任意整理は意味が無い? 債務整理の話になると「お金が返ってきた」とか「借金が減額された」など聞きますよね。 過払い金というやつですが、以前の消費者金融は有名大手でも利息制限法を超える金 …

債権者の異議

個人再生で債権者が異議を出してくる(同意しない)事があるか?

個人再生で債権者が異議があるか? 個人再生は債権額が大幅に減額され、3年~5年かけて支払っていくという制度です。 いろいろな条件がありますが、その中に再生計画案に対して、 債権者の半数以上の同意、また …

事業主の住宅

個人事業主の住宅ローン

個人事業主の住宅ローン 一般に自営業の人はサラリーマンに比べて住宅ローンの審査に通りにくいと言われています。 住宅ローンのような長期の貸付は所得の安定性が求められます。 現代ではサラリーマンだから安定 …

連帯保証人

債務整理は連帯保証人に迷惑がかかる

債務整理は連帯保証人に迷惑がかかる 借金をするときに知人に保証人になってもらう事があります。 通常のクレジットカードやキャッシングでは保証人をつける事はあまり無いですね。 ただの保証人と連帯保証人は少 …