債権者の同意

借金

個人再生で債権者が異議があるか?

個人再生は債権額が大幅に減額され、3年〜5年かけて支払っていくという制度です。
いろいろな条件がありますが、その中に再生計画案に対して、
債権者の半数以上の同意、または債権総額の2分の1を超える同意が必要。
というものがあります。

債権者が5人いるなら3人以上の同意が必要。
債権額が500万円なら250万円を超える額の債権者の同意が必要。
という事になります。

同意しない債権者はどれぐらいいるのでしょう?
これから個人再生しようという人なら気になるところです。

まず普通の金融関係からしか借りていないのなら、まず大丈夫、同意します。
例えば、借入額のうち1社で過半数ある場合だけ異議を出すという事がありますが、異議を出して自己破産されるよりはマシと考えることもあります。
細かい借入が数社ある場合はまず問題ないでしょう。

個人や取引先など、これは相手次第ですが少額ならどうしようもありません。

結論としては、ややこしそうな相手が過半数持ってる場合。
このケースを除いて、同意が取れないケースは無いと思われます。



 ■個人再生委員とは
 ■個人再生の返済が5年になる特別な事情とは?
 ■個人再生はアルバイトでも可能です
 ■個人再生をした後に自己破産は出来るのか?
 ■弁護士などに自己破産を勧められるが・・・
 ■個人再生とは? 個人再生(民事再生)の話
 ⇒滞納と債務整理トップ



▲ ページトップに戻る