借金返済したいけど、もう無理か

借金返済だけで一苦労、なんとか借金地獄から脱出したい

滞納と債務整理

個人再生で債権者が異議を出してくる(同意しない)事があるか?

個人再生で債権者が異議があるか?

個人再生は債権額が大幅に減額され、3年~5年かけて支払っていくという制度です。
いろいろな条件がありますが、その中に再生計画案に対して、
債権者の半数以上の同意、または債権総額の2分の1を超える同意が必要。
というものがあります。


債権者が5人いるなら3人以上の同意が必要。
債権額が500万円なら250万円を超える額の債権者の同意が必要。
という事になります。

同意しない債権者はどれぐらいいるのでしょう?
これから個人再生しようという人なら気になるところです。

まず普通の金融関係からしか借りていないのなら、まず大丈夫、同意します。
例えば、借入額のうち1社で過半数ある場合だけ異議を出すという事がありますが、異議を出して自己破産されるよりはマシと考えることもあります。
細かい借入が数社ある場合はまず問題ないでしょう。

個人や取引先など、これは相手次第ですが少額ならどうしようもありません。

結論としては、ややこしそうな相手が過半数持ってる場合。
このケースを除いて、同意が取れないケースは無いと思われます。




-滞納と債務整理

関連記事

住宅ローン滞納

住宅ローンの滞納・延滞は何ヶ月までなら大丈夫なのか?

住宅ローンの滞納・延滞は何ヶ月まで? 住宅ローンがどうしても支払えなくて滞納・延滞という状態になっている方が増えています。 住宅ローンには抵当権がついていると思いますので、払わないと期限の利益の喪失と …

免責不許可事由

自己破産の免責不許可事由とは?(カード現金化、ギャンブルなど)

自己破産の免責不許可事由とは? ギャンブルや投資の失敗、現金化の為のカード使用などは、自己破産しようという人が心配している代表例でしょう。 少しでもあったら絶対ダメなのか?というと、意外にそうでもあり …

滞納中債務整理

滞納中でも債務整理はできますか?

滞納中でも債務整理はできますか? 当然、出来ます。 債務整理をしようという人は滞納状態になっているケースが多いです。 それが出来ないとなると、今の今までキッチリ返していた人が突如として自己破産するとい …

破産後のローン

自己破産後の住宅ローンは可能か?

自己破産後の住宅ローンは可能か? 自己破産をした人は住宅ローンは組めないのでしょうか? 結論から言うと免責後10年は難しいでしょう。 破産時に借入があり免責された銀行は10年経っても難しいでしょう。 …

債権者一覧表

債権者一覧表というものがありますが、日付など明確でない部分があります。

債権者一覧表というものがありますが 自己破産をする際に債権者一覧表を提出しなければいけません。 債権者名、住所、借入・借入年月日、原因・使途、最後の弁済日、残元金利息、などを債権者ごとに記入する必要が …