借金返済したいけど、もう無理か

借金返済だけで一苦労、なんとか借金地獄から脱出したい

滞納と債務整理

個人再生で債権者が異議を出してくる(同意しない)事があるか?

個人再生で債権者が異議があるか?

個人再生は債権額が大幅に減額され、3年~5年かけて支払っていくという制度です。
いろいろな条件がありますが、その中に再生計画案に対して、
債権者の半数以上の同意、または債権総額の2分の1を超える同意が必要。
というものがあります。


債権者が5人いるなら3人以上の同意が必要。
債権額が500万円なら250万円を超える額の債権者の同意が必要。
という事になります。

同意しない債権者はどれぐらいいるのでしょう?
これから個人再生しようという人なら気になるところです。

まず普通の金融関係からしか借りていないのなら、まず大丈夫、同意します。
例えば、借入額のうち1社で過半数ある場合だけ異議を出すという事がありますが、異議を出して自己破産されるよりはマシと考えることもあります。
細かい借入が数社ある場合はまず問題ないでしょう。

個人や取引先など、これは相手次第ですが少額ならどうしようもありません。

結論としては、ややこしそうな相手が過半数持ってる場合。
このケースを除いて、同意が取れないケースは無いと思われます。




-滞納と債務整理

関連記事

ローンと年齢

住宅ローンは何歳まで可能か?

住宅ローンは何歳まで可能か? 住宅ローンというと、なぜか35年というイメージですよね。 完済時の年齢は75歳~80歳が限界です。 逆算すると40歳位が住宅ローン申込みの限界となってしまいます。 でも待 …

家族のカード

債務整理と家族のカード

債務整理と家族のカード 債務整理をして自分のカードが使えなくなるのはいいって言うか仕方ないですが、家族のカードはどうなるの? 俗に言う「家族カード」、あれはダメです。 債務整理をする人のカードのオマケ …

破産が簡単

弁護士などに自己破産を勧められるが・・・

弁護士などに自己破産を勧められるが・・・ 借金の返済に困り果て、勇気を振り絞って弁護士事務所や司法書士事務所に相談に行くと「これは自己破産ですね」などとあっさり言われてしまう。 相手は法律の専門家です …

事業主の住宅

個人事業主の住宅ローン

個人事業主の住宅ローン 一般に自営業の人はサラリーマンに比べて住宅ローンの審査に通りにくいと言われています。 住宅ローンのような長期の貸付は所得の安定性が求められます。 現代ではサラリーマンだから安定 …

日常家事債務

日常家事債務とは

日常家事債務とは 債務整理をすると家族に迷惑が掛からないか? 妻や子供には迷惑を掛けたくない。 という思いは誰しも持っているのでは無いでしょうか? 妻に迷惑が掛かるとかではなく、妻に請求が行ったらバレ …