借金返済したいけど、もう無理か

借金返済だけで一苦労、なんとか借金地獄から脱出したい

滞納と債務整理

個人再生の返済が5年になる特別な事情とは?

個人再生の返済が5年になる特別な事情とは?

個人再生の返済期間は原則として3年です。
特別な事情があれば5年に延長することができる、とあります。


利息はもうありませんから、3年より5年の方が月々の返済が相当楽になります。
余裕が出来れば繰り上げて返済すればいいわけですから、誰でも5年にしておいて欲しいところです。
しかし、だれでも5年が認められるわけではありません。

例えば高齢の親と同居して介護がある。医療費がかさむ。
子供が3年の間に次々と進学する時期にある。
いろいろな事情がありますが、裁判所を納得させられるだけの事情が必要です。

それに最も大事な部分としては、債権者を納得させられるかでしょうか?
返済期間が長期になると債権者の同意が得られない可能性もありますね。




-滞納と債務整理

関連記事

ローンと年齢

住宅ローンは何歳まで可能か?

住宅ローンは何歳まで可能か? 住宅ローンというと、なぜか35年というイメージですよね。 完済時の年齢は75歳~80歳が限界です。 逆算すると40歳位が住宅ローン申込みの限界となってしまいます。 でも待 …

個人再生委員

個人再生委員とは

個人再生委員とは 個人再生をすると個人再生委員というものが選任されます。 裁判所により個人再生委員が選任されないケースもあります。 東京地方裁判所では個人再生委員が必ず選任されるようです。 個人再生委 …

破産が簡単

弁護士などに自己破産を勧められるが・・・

弁護士などに自己破産を勧められるが・・・ 借金の返済に困り果て、勇気を振り絞って弁護士事務所や司法書士事務所に相談に行くと「これは自己破産ですね」などとあっさり言われてしまう。 相手は法律の専門家です …

滞納すると

滞納するとどうなりますか?

滞納するとどうなりますか? ハガキが届いて、電話が来て、電話に出たら「いつ払えますか?」って話。 また放っておいて、電話が来て、電話に出ないようにして・・・とやってるうちに、自宅に来るところもあります …

住宅ローン滞納

住宅ローンの滞納・延滞は何ヶ月までなら大丈夫なのか?

住宅ローンの滞納・延滞は何ヶ月まで? 住宅ローンがどうしても支払えなくて滞納・延滞という状態になっている方が増えています。 住宅ローンには抵当権がついていると思いますので、払わないと期限の利益の喪失と …