借金返済したいけど、もう無理か

借金返済だけで一苦労、なんとか借金地獄から脱出したい

滞納と債務整理

個人再生の返済が5年になる特別な事情とは?

個人再生の返済が5年になる特別な事情とは?

個人再生の返済期間は原則として3年です。
特別な事情があれば5年に延長することができる、とあります。


利息はもうありませんから、3年より5年の方が月々の返済が相当楽になります。
余裕が出来れば繰り上げて返済すればいいわけですから、誰でも5年にしておいて欲しいところです。
しかし、だれでも5年が認められるわけではありません。

例えば高齢の親と同居して介護がある。医療費がかさむ。
子供が3年の間に次々と進学する時期にある。
いろいろな事情がありますが、裁判所を納得させられるだけの事情が必要です。

それに最も大事な部分としては、債権者を納得させられるかでしょうか?
返済期間が長期になると債権者の同意が得られない可能性もありますね。




-滞納と債務整理

関連記事

連帯保証人

債務整理は連帯保証人に迷惑がかかる

債務整理は連帯保証人に迷惑がかかる 借金をするときに知人に保証人になってもらう事があります。 通常のクレジットカードやキャッシングでは保証人をつける事はあまり無いですね。 ただの保証人と連帯保証人は少 …

ローンと年齢

住宅ローンは何歳まで可能か?

住宅ローンは何歳まで可能か? 住宅ローンというと、なぜか35年というイメージですよね。 完済時の年齢は75歳~80歳が限界です。 逆算すると40歳位が住宅ローン申込みの限界となってしまいます。 でも待 …

滞納中債務整理

滞納中でも債務整理はできますか?

滞納中でも債務整理はできますか? 当然、出来ます。 債務整理をしようという人は滞納状態になっているケースが多いです。 それが出来ないとなると、今の今までキッチリ返していた人が突如として自己破産するとい …

弁護士費用

債務整理の弁護士費用

債務整理の弁護士費用 自己破産で20万円以上、そのほか裁判所への予納金などかかります。 予納金は数万円の郵便代、同時廃止ならいいですが、管財、少額管財となると、さらに数十万円かかってきます。 まあ一般 …

事業主の住宅

個人事業主の住宅ローン

個人事業主の住宅ローン 一般に自営業の人はサラリーマンに比べて住宅ローンの審査に通りにくいと言われています。 住宅ローンのような長期の貸付は所得の安定性が求められます。 現代ではサラリーマンだから安定 …