5年 特別な事情

借金

個人再生の返済が5年になる特別な事情とは?

個人再生の返済期間は原則として3年です。
特別な事情があれば5年に延長することができるとあります。

利息はもうありませんから、3年より5年の方が月々の返済が相当楽になります。
余裕が出来れば繰り上げて返済すればいいわけですから、誰でも5年にしておいて欲しいところです。
しかし、だれでも5年が認められるわけではありません。

例えば高齢の親と同居して介護がある。医療費がかさむ。
子供が3年の間に次々と進学する時期にある。
いろいろな事情がありますが、裁判所を納得させられるだけの事情が必要です。

それに最も大事な部分としては、債権者を納得させられるかでしょうか?
返済期間が長期になると債権者の同意が得られない可能性もありますね。



 ■個人再生委員とは
 ■個人再生で債権者が異議を出してくる事があるか?
 ■個人再生はアルバイトでも可能です
 ■個人再生をした後に自己破産は出来るのか?
 ■自己破産や個人再生の時、生命保険の契約者貸付が
 ■個人再生とは? 個人再生(民事再生)の話
 ⇒滞納と債務整理トップ



▲ ページトップに戻る