借金返済したいけど、もう無理か

借金返済だけで一苦労、なんとか借金地獄から脱出したい

滞納と債務整理

滞納中でも債務整理はできますか?

滞納中でも債務整理はできますか?

当然、出来ます。
債務整理をしようという人は滞納状態になっているケースが多いです。
それが出来ないとなると、今の今までキッチリ返していた人が突如として自己破産するという事になってしまいます。


自己破産も含めた債務整理に至るまで、ギリギリの状態で返済を頑張っていて、ある日「もう無理だな」と自分で気付く時が来るものです。
その時から、今までの「払わなければ」という気持ちがプッツリ切れて滞納、延滞が始まります。

そこから、いざ債務整理と気持ちが切り替わるのに、やはり少し期間がありますね。
早めに弁護士などに相談した方が、督促などに悩まされる期間を短くできます。
引張ったところで状況は悪くなることはあっても、良くなることはありません。
早めに対応した方がいいですね。




-滞納と債務整理

関連記事

アルバイト可

個人再生はアルバイトでも可能です

個人再生はアルバイトでも可能です 個人再生には継続的または反復的に収入を得る見込みがあればできます。 これはアルバイトでも派遣でもOKです。 逆に配偶者に返済可能な収入があっても、本人が無職や専業主婦 …

連帯保証人

債務整理は連帯保証人に迷惑がかかる

債務整理は連帯保証人に迷惑がかかる 借金をするときに知人に保証人になってもらう事があります。 通常のクレジットカードやキャッシングでは保証人をつける事はあまり無いですね。 ただの保証人と連帯保証人は少 …

借金がゼロ

自己破産で免責が出れば借金がゼロになるのか?

自己破産で免責が出れば借金がゼロ? 自己破産で免責が出れば借金がチャラになるって話ですが残債務が無くなったって事でしょうか? 自己破産で免責が出て数年した後、貸金業者に照会したら残債務が増えていた。 …

カードの滞納

クレジットカードの滞納3ヶ月

クレジットカードの滞納3ヶ月 クレジットカードの支払いなど、延滞し始めると次々と滞納となっていきます。 対応は貸金業者によって様々ですが、3ヶ月目ぐらいをメドにカードの返却や強制退会させられます。 3 …

余力が必要

債務整理は余裕を持って始めるほうがいい

債務整理は余裕を持って始めるほうがいい 自己破産などの債務整理をするときは、当然ですが余裕が無いものです。 ギリギリまで頑張ってみたけれど八方塞りでどうしようもない。 それが普通なのですが。 でも債務 …