税金滞納

借金

税金の滞納は怖い?

借金などの返済に追われると、固定資産税や自動車税などを後回しにしてしまうことがあります。
当然と言えば当然ですが、自己破産などの債務整理をしても税金は免責されません。

督促状が届き始めたら要注意です。
まさか国や市が差押えなどを簡単にはするまいと思っていると、給料の差押えで預金から落とされていたり、もっと悪くなると自宅の差押えなどもありえます。

貸金業者と違って損得勘定なしで動くことがありますから、ある意味怖いです。
貸金業者は差押えるなどと言っても、あまりにも少額の場合は割に合わないので、すぐには動きません。
税の滞納などは意外にあっさりと差押えなどに動くことがありますから注意が必要です。

督促状や催告状が届いたら連絡をして、全額は無理でも滞納初期の分から少しずつでも納付していくのが安全です。
また固定資産税などの税金は意外に延滞金利率が高いので、放っておくととんでもない金額を請求され、全額納付しないと差押えなどと言われることもあります。
ただ1ヶ月ぐらいなら利率も低めだったり、延滞金が1000円に満たない場合は0になったりしますので、できるだけ早めに納付してしまいましょう。



 ■滞納するとどうなりますか?
 ■滞納中でも債務整理はできますか?
 ■クレジットカードの滞納3ヶ月
 ■住宅ローンの滞納・延滞は何ヶ月までなら大丈夫なのか?
 ■取り立てが止まる
 ■カード会社によって延滞の対応が違う
 ⇒滞納と債務整理トップ



▲ ページトップに戻る