任意整理

借金

任意整理

債務整理のなかでも、家族にも比較的バレにくいものに「任意整理」というものがあります。

任意整理は裁判所を使わず、債権者と交渉をして、以後は利息無しで返済をするというものです。
この際、利息制限法の利率を超えて支払った利息がある場合、借金の残額自体を減額できます。
いわゆる過払い金と言われるものですね。

減額した上に、以後は無利息、となるわけです。

借入額が大きければ、それだけ利息の負担も大きいですから、無利息になれば助かります。
債権者側も、自己破産などされて一銭も返ってこないよりも、
元金だけでも「返す」と言っているわけですから、和解交渉に応じてくれるわけです。
ただ返済していけるだけの安定した収入がないといえません。
フリーターでも安定して収入があれば大丈夫なようです。

ちなみに利息制限法の上限金利
元本が10万円未満 20%
元本が100万円未満 18%
元本が100万円以上 15%

任意整理でも、個人信用情報などのネガティブ情報(俗に言うブラックリスト)として記録されますので、 5年〜7年ほどは新規借入やクレジットカードなども作れないようです。

任意整理を弁護士さんや司法書士さんに依頼すると、借金の取立てをストップしてくれます。
債権者との直接の交渉なので専門家に頼らざるを得ません。

任意整理は自己破産のように全ての債務を無くすものではないので、相手を選んで交渉ができます。
住宅ローンなどある方でも、それ以外に交渉するなら、マイホームには影響ありません。

また自己破産ではギャンブルや浪費での借金は免責不許可事由となってしまいますが、
任意整理は相手が和解に応じてくれさえすればOKです。

家族にバレにくいというのも、交渉は弁護士、司法書士の専門家が直接してくれますし、
取立てがストップしますので、自分で言わない限りはバレにくいわけです。
しかし悪質な業者などは何をするかわかりませんので100%とも言いにくいですが。

 ⇒個人再生
 ⇒借金返済




▲ ページトップに戻る