お金がない

借金

なぜこんなにお金がないのか自分でもわからない

「お金がない」
そもそも、なぜこんな状態になってしまったのか?

少しずつ、少しずつ、増えている借金。
今まで怖くて総額を出してみたことが無かったのだが思い切って計算してみた。

貸金業法の改正により新たなキャッシングはストップされている。
年収の3分の1など、余裕でオーバーしているからだ。
年収証明書類を送れとの通知が何度か来たが、送っても意味がないので送っていない。
キャッシングができないので、カードで払えるものは全てクレジットカードで支払っている。
現金は次の支払のために1円でも多く残しておかなければならない。

コンビニで100円のものを買うのもカード。
あまりに少額すぎて少し恥ずかしい気もするが背に腹は代えられない。
カードのポイントを貯めているのかな?と思ってくれればいいが、お金がないのはバレバレか?
当然、全リボ払いの登録済である。

最近あるカードの有効期限が迫って、新しいカードが送られてくる時期がきた。
しかし代わりに送られてきたのは紙切れである。
「カードの更新はできません。今までありがとうございました。」
というような内容である。
割賦販売法の改正にも引っ掛かったのか?
いや以前、海外口座に入金しようとして拒否されたことがある・・・あれか。

計算してみたところキャッシング残は減っている。
しかし、ショッピングのリボ残はひどいものだ。

Aクレジットカード
 キャッシング残 約64万円
 ショッピング残 約180万円

Bクレジットカード
 キャッシング残 約13万円
 ショッピング残 約81万円

Cクレジットカード
 キャッシング残 約10万円
 ショッピング残 約85万円

Dクレジットカード
 キャッシング残 約38万円
 ショッピング残 約3万円

Eクレジットカード
 キャッシング残 約35万円
 ショッピング残 約20万円

Fクレジットカード
 キャッシング残 約23万円
 ショッピング残 約28万円

Gクレジットカード
 キャッシング残 約0万円
 ショッピング残 約20万円

Hクレジットカード
 キャッシング残 約3万円
 ショッピング残 約14万円

消費者金融
 キャッシング残 約18万円

生命保険
 契約者貸付 残 約57万円

なんだこれは〜!! 生保の貸付を除いても635万円也!
これは利息だけでも月10万円になる。

あんなに簡単にクレジットカードが作れたのに、急にストップしたら、自己破産、任意整理、個人再生なんかの債務整理が急増するよ。
だって仕方ないじゃない? そうでしょ?

このレベルは「自己破産」レベルらしい。
できれば自己破産は避けたいのだが・・・。

 ⇒債務整理とは
 ⇒借金返済体験談トップ




▲ ページトップに戻る