過払い金 和解

借金

過払い金があるか自分で直接聞いてみた

すでに完済した借金だが過払い金があるなら返して欲しい。
もらえるモノはもらいたい。

しかし金融業者に連絡して過払い金の話をするのも緊張する。
もう終わっている借金なんだし諦めるか?
弁護士などに頼むのも、これまた緊張するし・・・。

いろいろ考えたがダメ元で思い切って電話をしてみた。
直接、金融業者にである。
過払い金があるのではないか?とたずねると「ある」との事。
「いくらですか?」と聞いてみたが、すぐには教えてくれない。

しつこく聞いてみると、約20万の過払いがあるらしい。
過払い金は業者が余分に取っているわけだから、逆に業者に貸し付けているようなものだ。
逆に利息をつけて返してもらえるはずだ。

ラッキー!

諦めかけていたお金が入るというのは嬉しいものだ。
「じゃあ、返してもらえるんですよね?」
ところが、「お返しできるのはこれだけです」と3割程度の金額を提示される。

なんで〜?

やはり素人が直接連絡したのでナメているようだ。
諦めかけていたとはいえ、ここまできたら諦められない。
が、このまま対応してもラチがあかない。
「ちょっと考えてみます」と電話を切った。

数日後、和解の書類が送られてきた。
相手が提示した金額で和解するという書類だ。
ハンコを押して送り返せということらしい。

和解した覚えなんてないよ〜!

こんなもの送り返せるわけがない。
こうなったら全額取り返してやる〜!
やはりプロに頼むしかないかなあ。


 ⇒借金返済体験談トップ




▲ ページトップに戻る