個人再生とは

借金

個人再生(民事再生)の話

安定した収入がある人は個人再生が出来るかもしれません。
一般に行われているのは「小規模個人再生」と言われるものです。
「住宅ローンも残るけどマイホームが残る」
これが最大のメリットでしょう。

住宅ローン以外の借金が5000万円以下で安定した継続収入が見込めるなら可能です。
債務の総額の20%(上限300万円)か100万円のどちらか多い方を原則3年の分割で支払っていくことになります。
これだけで債務が無くなってしまいます。

「住宅ローンも払えない」って人は自己破産も考えた方がいいかもしれません。
住宅ローンの減額は無理ですが、個人再生中に住宅ローンの返済が行き詰っては元も子もありません。
「住宅ローン特則」として月々の支払を減額(支払期間が延びる)や再生期間が終わるまで支払を減額してもらうという方法もあります。

個人再生は申し立てをした時点で弁済が差し止められ、取り立てに追われることもありません。
また自己破産には免責不許可事由があり、ギャンブルや浪費による借金は免責されません。
しかし個人再生では浪費などでの借金も免責対象となります。

個人再生には、それなりに費用が必要です。
申立て自体の費用は5万円程度ですが、個人再生委員への報酬や弁護士、司法書士などへの報酬が発生します。
個人再生なのに、その費用がけっこうかかるというは変なものです。

申立書などはもちろんですが、申立てには他にもいろいろな書類を用意しなければなりません。

面倒なものでは財産目録がありますが、不動産や自動車の査定書類、収入を証明する書類、退職金の見込み額の証明書、通帳などの入出金書類等々です。
他には債権者一覧、戸籍など、これら書類を集めるのは結構面倒です。

それらの書類を地方裁判所に提出して、民事再生の申立が受理されると借金の取立てが停止します。
その後、債権を確定し再生計画をたてます。
小規模個人再生は債権者の2分の1が再生計画に同意する必要があります。
あとは3年間しっかり払いきればOKです。

ここまでは良いことずくめですが、デメリットも当然あります。
ただ、気にならない人にはデメリットと言えないかもしれませんが。

信用情報に個人再生は記載されるので7年間程度はクレジットカードが作れない、ローンが組めないなどがあります。
これは仕方ないとして、まあクレジットカードが無くても生活にそれほど支障がでるものではないと思います。

官報に載る、まあこれも一般の人があまり見るものではありません。
別に見られてもいいって人には、まったく関係ありません。

「個人再生」考えてみてもいいんじゃないでしょうか?

 ⇒借金返済




▲ ページトップに戻る