借金申込み

借金

借金の申込み

2012/05/09(Wed) 19:26

遅れてもよさそうなものから、未払いで放置していましたが、それらが溜まって猶予が無くなってきました。
今日は連休明けで、引き落としが集中していますが、払えたのは小口の分だけ。
電気代も今日が引き落としですが残高不足なので、この後は振込用紙が届くそうです。
その期限に支払わないと翌日には送電停止と書いてあります。
電気が止まってはいけないので、振込用紙の期限には支払わないといけませんね。

夜も眠れずにいろいろな方法を考えていますが、結局は誰になら借りられるか?
という事です。
それ以外の都合のいい方法などあるわけがないのです。

知人や友人からの借金の申込みは「断れ」とよく言われます。
ネットで調べてみても、友人や親類などの知人から借金を申しこまれたがどうしたらいいか?という質問がよくあります。
この場合の回答に最も多いのが、少しだけ渡して「これ以上は用意できない」と言って、お金は貸すのではなくあげたつもりで、というものです。
たしかに貸す方にも余裕があるわけではないでしょうから仕方ないとは思います。

「お金を借りにきた時点で友人関係は終わり」などと言う人もいます。
でも本当にお金に困った経験のある人なら、ここまでドライにはなれないと思います。
これらの人は今まで、お金に困った事が無いのではないでしょうか?

借りに来た人が、どれだけ悩んで借金を申し込みに来たか経験しなければわからないでしょう。
いくら親しい間柄でも借金を気軽に頼めるものではありません。
(中には気軽に頼む人もいるのでしょうが・・・)
申し込んだ方も断る方も気まずくなりますから、借金なんて申し込まないに越したことはないのですがね。

あ〜あ、どうしようかなあ。
これを書いているうちに、借金を知人に頼む勇気が無くなってきました。
知人に頼むぐらいなら、道行く赤の他人に頼むほうが頼みやすいとさえ思えてきました。

最近では「ソーシャルレンディング」という、お金を借りたい個人とお金を貸したい個人を結びつけるサービスがありますね。
これもまだ気軽に利用できるほどは普及していませんね。

「誰か、お金貸してくださ〜い!!」




 ⇒借金生活の雑記
 ⇒あっという間に督促の山
 ⇒借金トップページ



▲ ページトップに戻る