借金返済したいけど、もう無理か

借金返済だけで一苦労、なんとか借金地獄から脱出したい

滞納と債務整理

自己破産の免責不許可事由とは?(カード現金化、ギャンブルなど)

自己破産の免責不許可事由とは?

ギャンブルや投資の失敗、現金化の為のカード使用などは、自己破産しようという人が心配している代表例でしょう。
少しでもあったら絶対ダメなのか?というと、意外にそうでもありません。
全て程度によるという事です。


ギャンブルでの借金が債務の額に対しての割合が相当高くない限り、免責になる確率が高い。
現金化も数回程度なら許されるのがほとんどです。

後は悪質な場合です。
破産状態になってから、返せないと分かっていて多額の借金をする。
破産前に一部の債権者にのみ返済をした。(偏頗弁済、へんぱべんさい)
などです。

しかし、免責がおりないケースは全体の0.1%にも満たないようなので、よほどの事では無い限り大丈夫ではないでしょうか?

裁判所などによっても判断の違いがあります。
しかし、正直に話して、反省している態度で接した方が免責になりやすいようです。




-滞納と債務整理

関連記事

事業主の住宅

個人事業主の住宅ローン

個人事業主の住宅ローン 一般に自営業の人はサラリーマンに比べて住宅ローンの審査に通りにくいと言われています。 住宅ローンのような長期の貸付は所得の安定性が求められます。 現代ではサラリーマンだから安定 …

個人再生委員

個人再生委員とは

個人再生委員とは 個人再生をすると個人再生委員というものが選任されます。 裁判所により個人再生委員が選任されないケースもあります。 東京地方裁判所では個人再生委員が必ず選任されるようです。 個人再生委 …

カードの滞納

クレジットカードの滞納3ヶ月

クレジットカードの滞納3ヶ月 クレジットカードの支払いなど、延滞し始めると次々と滞納となっていきます。 対応は貸金業者によって様々ですが、3ヶ月目ぐらいをメドにカードの返却や強制退会させられます。 3 …

個人再生5年

個人再生の返済が5年になる特別な事情とは?

個人再生の返済が5年になる特別な事情とは? 個人再生の返済期間は原則として3年です。 特別な事情があれば5年に延長することができる、とあります。 利息はもうありませんから、3年より5年の方が月々の返済 …

アルバイト可

個人再生はアルバイトでも可能です

個人再生はアルバイトでも可能です 個人再生には継続的または反復的に収入を得る見込みがあればできます。 これはアルバイトでも派遣でもOKです。 逆に配偶者に返済可能な収入があっても、本人が無職や専業主婦 …